Loading

ブログ

“It’s time.” (時は来た・・)

毎年節分明け、熊野灘の黒潮で禊して四半世紀。
見渡す限り目の当たりに広がる熊野の空と海。
日々の思考体系を超えて、大自然と対峙する瞬間。

天(経度)と地(緯度)の十字路の真ん中に立ち、
地平線と水平線の際に在る、自らの生命を自覚する時、
その水平線の際の際から、深淵壮大な宇宙が観えてくる。

“It’s time.” (時は来た・・)
すべからく再生への「禊ぎの時」が迫っている。

「幾」を知るは、それ神か。(易経)
「幾」とは兆しとも言い、わずか、微妙な、機微を意味する。
物事が大きく動く、微細なきっかけの時であり、眼には見えない。

来年の元号新生に先立ち、陰+陽ー同時存在の、神無月この十月一日に、
その台風は太平洋の潮を巻き上げ、熊野玉置山を経て列島を艮(うしとら)に縦断。
暴風雨の潮による祓い浄めの禊が行われ、24の仕組みがいよいよ始まる。

今、地球人類の文明そのものが、根と底の次元から問われている。
時は熟し、その時は来た。
“It’s time.”
【卍萬爺】

その78「時は神なり」

大地母神・イザナミ大神復活神事/熊野「玉置山・花の窟」 参拝

関連記事

  1. 与太がらす「十月一日・玉を置きましょう!」

    2017.09.08
  2. 与太がらす「2016御燈祭り」

    2017.09.08
  3. あなたは、どこから来て、どこへ還りますか?

    2018.06.04
PAGE TOP